サイトマップ 個人情報保護方針

東洋製線株式会社

会社概要

HOME > 会社概要

会社概要

イメージ

会社名 東洋製線株式会社
所在地 〒598-0071
大阪府泉佐野市鶴原3丁目9-45
TEL:
(代表)
FAX:072-462-1799
URL https://www.tsw.co.jp
代表者 代表取締役社長  新原 功三
資本金 50,000,000円
土地(敷地) 11,937㎡
取引銀行 りそな銀行 貝塚支店、紀陽銀行 鶴原支店
大阪信用金庫 泉佐野支店、三井住友銀行 貝塚支店
主要取引先
(順不同・敬称略)
硬鋼線 フランスベッド㈱ ㈱シンダイ ニッパツフレックス㈱
ユニオンベッド製造㈱ 西川ベッド製造㈱ 
㈱フジウェル 河﨑発條㈱ ㈱三崎スプリング製作所
ボルグワーナー・モールステック・ジャパン㈱ 
㈱ニシト発条製作所 ㈱明浜線材 ㈱メタルワン 
竹原スプリング工業㈱ ㈲美山興業 ㈱總田商行
  ファスナー/
ステンレス線
由良産商㈱ ㈱三笠・鋲螺 ㈱コムウェル・フジサワ
㈱カンタス 太洋ねぢ㈱ 伊藤忠丸紅特殊鋼㈱
㈱協進社
主要仕入先 JFEスチール㈱ ㈱POSCO 大同興業㈱

沿革

昭和32年06月
東洋鍍金鋼業所として個人創業、昭和38年より硬鋼線の一貫生産を開始
昭和40年11月
資本金150万円を以て東洋製線株式会社を設立、代表取締役に新原基義氏が就任
昭和41年11月
資本金を300万円に増資
昭和45年10月
資本金を600万円に増資
昭和49年11月
JISG3521硬鋼線のマーク表示許可を取得(許可番号574075)
昭和50年03月
資本金を2,000万円に増資
昭和51年03月
ステンレス鋼線用連続伸線機を購入し、ステンレス部門に進出
昭和52年03月
ステンレスナットフォーマーの一貫生産着手(フォーマー等、諸設備完備)
昭和52年04月
資本金を4,000万円に増資
昭和53年11月
大型ナットフォーマーを増設し合計6基とする
昭和54年08月
JISB1181六角ナットのマーク表示許可を取得(許可番号579060)
昭和55年04月
Ni-Cr系鋳造製品の製造を開始(鋳造設備完備)
昭和56年11月
ステンレス鋼線連続光輝焼鈍炉(12ライン)を設置、ステンレス子ねじの製造を開始
昭和57年08月
大阪中小企業投資育成㈱の投資を受け、資本金を5,000万円に増資
昭和57年10月
東京都水道局及び東京都下水道局への入札参加資格を取得
昭和58年03月
防衛庁調達実施本部への登録を取得(登録№58-15-1041)
昭和58年08月
BS4-20S型及び10型ボルトフォーマーと附帯設備を設置し、ステンレス六角ボルトの製造を開始
昭和59年05月
ゴールドステンレスパワーボルト・ナット・ワッシャーを開発、特許を申請
昭和60年08月
JISB1180六角ボルトのマーク表示許可を取得(許可番号585044)
昭和60年12月
高強度耐食性モネル400のボルト・ナット製造を開始
昭和61年01月
チタン(ASTM GR2)ボルト・ナット製造を開始
昭和62年05月
ニッケル・チタン系形状記憶合金線の製造を開始
昭和63年11月
ステンレス鋼線拡充のため連続伸線機、連続光輝焼鈍炉(24ライン)及び附帯設備を増設
平成09年05月
ベッド用枠線工場を設置
平成10年11月
ステンレスボルト・ナットをOEM販売に切替え
平成20年12月
JISG3521硬鋼線 新JISマーク認証を日本検査キューエイ㈱より取得(認証番号:QA0508043)

アクセスマップ


PAGE TOP